立憲民主党

【政界徒然草】パワハラ体質、抜けない立憲民主党 規制法案出しているのに首相秘書官罵倒は「まっとうな政治」?

投稿日:

立憲民主党の福山哲郎幹事長(56)の国会での質疑が“パワハラ”として注目を集めている。安倍晋三首相(63)も出席して5月28日に行われた参院予算委員会の集中審議で、首相の答弁のためにメモを手渡しただけの首相秘書官を大声で罵倒したのだ。立憲民主党は他の野党とともに「パワハラ規制法案」と称した労働安全衛生法改正案を国会に提出しているのだが…。  「秘書官っ! いらない紙、入れるな!! 総理と話しているのに」  福山氏は参院予算委で突然、目が覚めるような咆哮を上げた。理不尽な理由で部下を罵倒された首相も「事実関係について私が間違ったことを言わないよう念のためにメモを入れることはある。秘書官にそんなに激しい言葉で言ったら萎縮しますから」と福山氏をいさめる始末だった。  福山氏は参院予算委で学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題を取り上げた。首相と学園の加計孝太郎理事長が平成27年2月25日に面談した、とされる愛媛県の文書の真偽について問いただした。  身に覚えがないと繰り返す首相に対し、福山氏はいらだったような表情で「会っていないなら、なぜ文書が発出された際、学園側に抗議しなかったのか」などと厳しく問い詰めた。 続きを読む

-立憲民主党
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 日本の政治 , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。