日本維新の会

割り当て時間5分の維新・丸山氏、不満あらわに

投稿日:

衆参両院の予算委員会で27日に行われた証人喚問では、佐川宣寿のぶひさ・前国税庁長官が文書改ざんの経緯や自らの関与について、「刑事訴追の恐れ」を理由に証言拒否を繰り返した。

 無所属の会の江田憲司衆院議員は佐川氏への質問の冒頭、「証言拒否罪も念頭に置いてご答弁ください」とクギを刺した。議院証言法では、証言を拒否する権利を認める一方で、正当な理由がなく証言を拒んだ場合は、1年以下の禁錮か10万円以下の罰金が科される。過去には、国会が証言拒否で刑事告発した例も2件ある。

 質問時間の制約を受け、議員が追及しきれない場面も目立った。質問時間は衆参ともに約2時間だった。日本維新の会の丸山穂高衆院議員の割り当て時間は5分にとどまり、「そもそも衆参(約)4時間の証人喚問では無理がある」と不満をあらわにした。

-日本維新の会
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 日本の政治 , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。