日本共産党

朝鮮共産党

投稿日:

朝鮮共産党, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=93149 / CC BY SA 3.0

#東アジアの共産党
#日本統治時代の朝鮮
#朝鮮の連合軍軍政期
#朝鮮・韓国の社会主義
#コミンテルン支部
#戦前日本の左翼団体
#満州の歴史
#朝鮮独立運動
朝鮮共産党

朝鮮共産党(ちょうせんきょうさんとう)は、かつて朝鮮に存在した共産主義政党。1925年に日本統治下の京城府(現・ソウル特別市)で結成された。略称は朝共。

1920年代の朝鮮共産党は日本の官憲の弾圧によって党中央の壊滅と再建を繰り返しており、3年余の存続期間は第1次~第4次朝鮮共産党に区分される。1929年にコミンテルンの承認を取り消されたが、朝鮮において再建運動が続けられた。また、党は日本や満洲(中国東北部)在住の朝鮮人の間にも組織的な広がりを持ち、これらの地域の社会主義運動にも影響を及ぼした。

第二次世界大戦後の1945年9月に朝鮮共産党は再建され、1946年に南北二つの「労働党」に再編された。現在の北朝鮮の指導政党である朝鮮労働党の前身組織であり、かつて金日成も北部朝鮮分局の書記長としてメンバーだったが、現在の北朝鮮当局(朝鮮労働党)による「正史」は、金日成が指導した抗日パルチザンに革命の伝統と正統性を求めており、1920年代の朝鮮共産党については「分派集団」として存在自体を否定している。

朝鮮人の社会主義運動は、ロシア革命後にシベリア在住の朝鮮人によってはじめられた。「共産党」の名を持つ最初の朝鮮人団体()も、シベリアでの運動から誕生した。また、日本に留学した朝鮮人のなかにも社会主義思想を受容し、運動に身を投じる者が現れた。

1918年6月、李東輝・らがハバロフスクでを結成。1920年のコミンテルン第2回大会には韓人社会党から出席した朴鎮淳が民族・植民地問題委員会の討論に加わり、執行委員にも選ばれている。李東輝が大韓民国臨時政府(1919年結成)に参加したことから韓人社会党は拠点を上海に移し、1921年に「高麗共産党」を称した。彼らのグループは「」と呼ばれる。

これと前後してにボリシェビキ党員の金哲勲・呉夏黙らがイルクーツクでロシア共産党韓族部を結成。1921年に同じく「高麗共産党」を称した。彼らのグループは「」と呼ばれ、上海にも支部を置いた。イルクーツク派には・朴憲永らが属した。

「上海派」は民族解放を優先課題とし、「イルクーツク派」は社会主義革命を優先課題とした。両派は激しく対立し、1921年にはスヴォボードヌイで朝鮮人民族主義団体の軍事組織やソ連の労農赤軍を巻き込んでの衝突に発展した(自由市惨変)。

1922年1月から2月にかけてモスクワで開かれた極東諸民族大会(極東勤労者大会)には、朝鮮人代表団が参加し、同大会参加者148人のうちの約3分の1(54人)を占めた。呂運亨・金奎植など民族主義陣営の人士も参加したが、社会主義系の各派からも李東輝・朴鎮淳・朴憲永・金丹冶などが参加した。このとき朝鮮から参加した少壮のメンバーが、のちの朝鮮共産党結成の中心メンバーとなる。

1922年12月、コミンテルンは(「高麗局」とも訳される。のちにオルグ・ビューロー)を設置し、上海・イルクーツク両派の対立解消に乗り出すとともに、朝鮮内に支部(共産党)を創立するための工作を行った。しかし両派の抗争に加え、朝鮮内の社会主義者が外部からの介入に反発したことから、コミンテルン主導の党創設は失敗している。

日本における朝鮮人留学生には社会主義思想を受容する者もあらわれ、1921年11月にが発足した。黒濤会参加者には朴烈、曺奉岩、らが挙げられる。

黒濤会は1922年に分裂し、朴烈ら実行派(アナキスト派)が風雷会(のち黒友会)を、金若水・金鍾範ら議論派(ボリシェビキ派)が北星会を結成した。

1919年の三・一独立運動後の朝鮮では、民族運動の高揚に加え、「文化政治」を標榜する朝鮮総督府当局が民族運動の抑圧を一定程度緩和したことも相まって、労働運動・農民運動も活発化した。

1920年4月、張徳秀・らによって朝鮮労働共済会が結成された。「労働社会の組織と制度の改善」を最終目的として掲げた朝鮮労働共済会は各地に支会を広げ、1921年3月には約1万7000名の会員を擁するに至った。1922年には朝鮮労働共済会から離脱する形でらによる朝鮮労働連盟会が結成された。同会は「階級的意識による一致団結」を明確に打ち出し、1923年にはメーデーを期してストライキを打った。1924年には167の労働団体と約4万5000名の加入者を抱えた朝鮮労働総同盟が発足した。
インテリ層の間でも思想団体が結成された。主要なものとして、、、が...

-日本共産党
-, , , , , , ,

Copyright© 日本の政治 , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。