民進党

2018年4月12日 参議院法務委員会 民進党 真山勇一

投稿日:

法務及び司法行政に対する一般質疑が行われました。大相撲の土俵が「女人禁制」であることについて、内外から「女性差別である」という指摘が根強いです。「あらゆる場所での差別」を是正すべく人権行政を推進する上川法務大臣の見解を伺いました。日本大相撲協会は大相撲の起源を太古の「神事」に求めています。公益財団法人として内閣府から認可を受け、「国技」と名乗り、国などから様々な支援を受けている大相撲協会が、宗教的な理由をもとに「女性差別」との指摘のある習慣を維持することは適当か、内閣府の見解を質しました。

-民進党
-

Copyright© 日本の政治 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。